人気ブログランキング |

魂の存在

2年目に教えた学生は全員韓国人。
1月に日本語力ゼロから始めて、翌年の3月までに最終的に10人程度のクラスになった。
残った人たちはとても優秀な人たちで、思い出深い。

その人たちのことを考えると、不思議なイメージにとらわれる。

それは私が韓国人で、彼らと一緒に豊臣秀吉の軍と戦うというもの。

将軍、李舜臣(イ・スンシン)のもと、亀甲船(コブッソン)で海を走る時受ける風の心地よさとか、 戦士として誇らしく、胸躍る感じとか。。。とても生々しく感じるのだ。

なんでこんなこと、思うのか。。

永井隆博士は、お母さんが亡くなった時、魂は不滅だと確信したらしい。何があったのかはわからないけど。。

実は私も、そう思っている。だから、前世とか来世の存在を信じている。

でも、もし、私が本当に過去生で韓国人だったことがあったとしたら。。これは面白いね。
そうしたら、国がどうのとか何国人とか、まったく意味ないじゃない。
日本人も韓国人もない。
被害者も加害者もない。

私もあなたもない。

私たちは一つ

by yamakyon50 | 2005-04-01 23:11 | メッセージ